半夏生(はんげしょう)とは、夏至(1年で一番日が長い日)から数えて11日目が半夏生です。昔の農家にとっては田植えの目安とも言われ、「チュウ(夏至)ははずせ、ハンゲ(半夏生)は待つな」ということわざがある様に、夏至が済んでから半夏生に入るまでに田植えを終わらせるのが好ましいと言われていたそうです。半夏生の前に無事田植えを終えた農家では、この日の天候で稲作の豊凶を占ったり、田の神を祭ったりするところもあったそうです。


このページは株式会社アルファ「おいしeレシピWEB」のコンテンツです

冬至には「かぼちゃ」を食べると言う風習があるように、この「半夏生」にも何かを食べるという風習があります。しかし、何を食べるかは地方によって様々です。

「福井県大野市」では江戸時代に大野藩主が田植えの終わる半夏生の頃に、疲れを癒して夏場へ体力を備えるためにサバを食べる事を奨励した所からこの風習が残っているそうです。
「奈良県の奈良盆地」では、この半夏生の頃に、小麦の取り入れが終り、田植えも一段落するそうです。この小麦で餅を作り、豊作を願って田の神に供え、農家の人もいただくいたという風習が残っているそうです。
「香川県」では田植えや麦刈りが終わった労をねぎらう為に、うどんを打って食べる風習があるそうです。
「関西地方」では「タコ」を食べる風習があります。 関西以外の方でもスーパー等でポスターやポップを見かける方もあるかもしれません。半夏生に当たる日が『タコの日』と制定されているのでぼんやりと認識をされている方も多いかもしれませんね。さて、この関西で「タコ」を食べるという習慣ですが、田植えが終わり、稲が地にしっかりと根付くようにと願掛けをして、しっかり地に付いたら離れない蛸を食べる様になったと言われています。
タコには疲労回復効果が期待出来ると言われている「タウリン」や「亜鉛」が含まれています。昔の人の知恵として田植えが終わった後の疲労回復や、夏バテを防止する為の策だったのかもしれませんね。

※情報は2010年以前の物となります。予めご了承下さい。 ※2014.5.15記事訂正

アドバイス:おいしeレシピ制作委員会 管理栄養士 /栄養士
いいだこのビール煮 【材料 2人分】
いいだこ…………………4杯   
Aしょうゆ……………大さじ2  
Aみりん………大さじ1と1/2
A砂糖…………大さじ1と1/2
ビール…………………350ml
針しょうが………………適量

 


からだに優しい小鉢 【材料 2人分】
ゆでだこ(足)……………100g
きゅうり……………………1本
梅干し………………………1個
もずく酢………………1パック
A黒酢…………………大さじ2
Aだし汁………………大さじ1
Aしょうゆ…………大さじ1/2
A砂糖…………………小さじ1
とろろ昆布…………………10g

 


たことじゃがいもの中華炒め 【材料 2人分】
ゆでだこ(足)……………200g
じゃがいも……………200g
ごま油………………大さじ1
にんにく(みじん切り)…1片分
長ねぎ(みじん切り)…10cm分
塩・こしょう…………各少々

A酒・しょうゆ
    ……各大さじ1
A砂糖…………小さじ1
A鶏ガラスープの素
     ………少々
青ねぎ(小口切り)
      ……3本分

 


ピリ辛たこサラダ 【材料 2人分】
ゆでだこ………………200g
Aから揚げ粉………大さじ2
A一味唐辛子……小さじ1/2
揚げ油……………………適量
キャベツ…………………2枚
セロリ…………………1/2本
きゅうり………………1/2本
プチトマト………………4個

B しょうゆ…………大さじ2
B 酢…………………大さじ2
B ごま油……………小さじ1
B 砂糖……………小さじ1/3
B にんにく(みじん切り)…
      ……小さじ1/3
Bしょうが(みじん切り)…
      ……小さじ1/3
B 一味唐辛子…………少々