レシピカード連動動画サイト
 

 ちいさな食育講座 食物アレルギー (2)たまご


 特定の食べ物を摂取することによってアレルギー症状を起こしてしまう『食物アレルギー』。特定食物には魚類(とくに青身の魚)や肉類(とくに豚肉)のほか、牛乳、鶏卵、貝類、エビ、カニ、大豆、穀類、そば、チョコレートなどがあります。この内、とくに発症数、重篤度から勘案して表示する必要性の高いものとして、小麦、そば、卵、乳、落花生、えび、かにの7品目が、食品衛生法施行規則で「特定原材料」として定められ、これらを含む加工食品については、表示が義務化される様になっています。(2010年時点)



「食物アレルギー」の今回のテーマは加工食品には欠かせない『卵』です。

食物アレルギー特定原材料たまご』>

「皮膚症状」としては、アトピー性皮膚炎、じん麻疹など、「消化器系症状」としては、下痢、嘔吐、そして「呼吸器系症状」として気管支喘息などがあります。
 
 たまごアレルギーは小児によく見られますが牛乳アレルギーなどとは少し異なり、成人になっても見られるのが特徴です。
 
 一般的に卵の黄身と呼ばれている『卵黄』部分は白身である『卵白』に比べてアレルギーを起こしにくく、さらに、卵は加熱をするとアレルゲン性が格段に低くなる特徴を持ちます。
 また、気をつける点として、卵やマヨネーズ、卵料理や卵を使用した加工食品(ハム、天ぷら粉、唐揚げ粉など)は避ける様にし、肉や魚でタンパク質を補う様に心がけましょう。

○ たまごアレルギー対応レシピ『キャベツ巻きしゅうまい』(大人2人+子ども1人分)

 ・春キャベツ…………………2枚
 ・たまねぎ………………1/4個
 ・プロセスチーズ…………40g
 ・豚ひき肉 ………………100g
 ・A 酒………………大さじ1/2
 ・A 片栗粉…………大さじ1/2
 ・A しょうゆ…………小さじ1
 ・A 塩・こしょう………各少々

 (1)春キャベツは2〜3分加熱し、芯の部分をみじん切りにし、葉は3〜4cm四方に切る。たまねぎはみじん切りにし、プロセスチーズはさいの目切りにする。

 (2)ボウルに豚挽き肉、玉ねぎ、Aを合わせてよく混ぜ、キャベツの芯、プロセスチーズも加えて混ぜる。キャベツの葉に片栗粉(分量外)を振り、肉だねをのせて包む。

  (3)蒸し器にクッキングシートを敷いて2を並べ強火で8分程蒸す。
★ポイント★
 肉だねをしっかり混ぜて粘りを出せば、つなぎの卵を使う事なく、仕上がります。チーズを加える事によってカルシウムを補えますよ!
アドバイス:おいしeレシピ制作委員会 管理栄養士 大石/栄養士 井上 
●おいしeレシピWEB製作委員会製作● Copylight(C)2007 ALPHA CO.,LTD.All right reserved.